収入証明がいらないキャッシング審査

キャッシングの審査で必要になるものといえば収入証明用の書類です。給与明細などを使われる方が多いでしょうが、2ヶ月分プラス1年分の賞与明細など、すぐに全部の書類をそろえることが難しい場合もあります。もし、急にお金が必要になったとき収入を証明できる書類がないとキャッシングをすることはできないのでしょうか。

実は収入証明用の書類を用意できなくてもお金を借りることは可能です。1社からの借り入れが50万円以下、他社と合計して100万円以下の借り入れでは、収入証明の審査を行う義務が消費者金融系のキャッシング会社にはありません。そこで50万円以下の申し込みに対しては収入証明を不要としているところがほとんどです。50万円以下ならば、基本的に収入証明なしでお金を借りられると覚えておいてください。

さらに銀行キャッシングも収入証明不要のものが多いです。銀行には利用者の収入を審査する義務自体が課せられていないので、収入証明を必要とする融資限度額を独自に設定しています。多くの銀行キャッシングが消費者金融よりも大きい金額を収入証明不要で融資可能だとしています。中には100万円単位の金額を収入証明の必要なく設定してくれるところもあるので、銀行キャッシングを探してみるのもよいでしょう。